てんやこのマクラメブログ

自分で製作したマクラメアクセサリーを紹介するブログです

インスタグラムを楽しむ

こんばんは、てんやこでございます。

先日からの台風で列島各所それぞれ被害も出ていますね。

幸い自宅仕事場周辺地域は災害を免れましたが、被害の出た地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

さて、今回は秋の夜長にインスタグラムについてなどおもいつくままにつらつらと書き連ねようかと思います。

インスタグラムはツイッターフェイスブックなどと同じく大きくはSNSの括りに入りますが、文章ではなく写真を交流のメインとするその性質から、言語の必要性が薄いため海外の方とも気軽に交流できます、というかお互いの写真を楽しめます。

言葉がわからなくても美しい作品や風景、美味しそうな食べ物やファッション、動物達の表情などは万国共通のものですから言葉の壁や国境を感じる必要はありません。

また、美しい写真を撮影する事に注力する方も多いので写真の質も全体的に高く、対象の表情を緻密に捉えたひとつの作品のような写真も多く見られるのが特徴です。

 

とはいえ、自分の気に入る写真を取っている人を自分から探しにいくのが醍醐味でもあると思っているのでなかなかに時間を取られちゃいますがそれもそれとて良いものです。

作品に限定しましても、マクラメだけに限らずワイヤーワークやイーネオヤ、レースに編み包みにジュエリー、原石、+風景など美しい写真がてんこ盛り見つかりますのでお時間ある方は試しに覗いてみる価値はあるのではないでしょうか。

自分の周りの物を撮影してUPしてみるもよし、ひたすら美しい写真を見るも良し、無心に好きなものを追う時間もまた楽しいものです。

 

なお私もこそっとインスタグラムのアカウントを取っておりますのでどこかでお会いしましたらその時は向こうでもまたどうぞよろしくお願い致します(にやり

 

さぁ、それでは本日の新作のご紹介。

ムーンストーンと手磨きで仕上げたアズライトのマクラメペンダントです。

f:id:sigureai:20171023195132j:plain

f:id:sigureai:20171023195137j:plain

 

アズライトはラピスラズリよりもっと濃い紺の色合いが特徴の石ですが、そのどっしりとした色合いゆえにライトグレー系の紐とは相性抜群。

つやっつやつるっつるではない少しマットな仕上げで原石の色合いをそのまま生かしました。

クリスタルクォーツとスモーキークォーツで輝きをプラスし、冬の空の下に輝く様子を表現してみた一本です。

 

こちらも先日から続くまだ参加可能がどうかわからないイベント用のひと品となります♪

でもショップでも普通に販売してますのでお気に召しましたら気にせずご購入ボタンをポチって頂いて大丈夫ですよ~

 

 

 

 

 

ではでは、本日はこの辺で・・・!

台風の風で随分肌寒いですし、皆様お風邪などには十分ご注意下さい!

 

 

 

f:id:sigureai:20170930220859j:plain

 

 

Tenyaco

 

 

 

止まない雨とストーブ

寒いわ!と家族全員が震えながら叫んだため我が家では小雨の中、残りの衣替えと電気ストーブの解禁と相成りましたが皆様本日はいかがお過ごしでしょうか。

いつもご購読&お買い上げを頂いておりましてありがとうございますのてんやこであります。

地元大阪は今日も一日中雨が降ったり止んだりしとしとしとしとしておりましたが出荷とプールは雨の合間を縫って行って参りました。

 

何と勝負をしているのかは私にもわかりませんが、雨の合間に外出して帰り着いた瞬間に雨が降り出すとしてやったりな気分になりませんか?いえ、失敗してずぶぬれになる可能性のほうが高いので出荷の時はちゃんと防水の備えをしておりますよ、私は濡れても拭けば元通りですから多少でもそうでなくてもそう構いませんがお客様への荷物がぬれては大変ですから。

 

まぁそんなこんなでちょっとばたばたしていたものの、昨日作りかけだったラピスラズリのペンダントは無事に完成いたしました。

この右側の奴ですね。

 

f:id:sigureai:20171018121509j:plain

 

最終的にはこうなりました。

f:id:sigureai:20171019230150j:plain

f:id:sigureai:20171019230155j:plain

ラピスラズリとサンストーンのマクラメペンダント | Tenyaco

 

ぐりぐり編んで完成。

合わせてみて意外な収まりの良さにおやっと思ってそのまま組み合わせてみたのですが、この紐色で纏めれば意外にサンストーンはラピスラズリの色合いと喧嘩をしないようですね。

依然出展できるかどうか謎な冬のイベントに向けた一本で、暖炉から立ち上る火の粉のイメージでペンダントに仕上げてみました。

ラピスもサンストーンもなかなか良い品を配置しましたので是非手にとって頂きたい品です。

 

しかし電気ストーブつけつつ暖かいイメージのモチーフと雪のイメージのモチーフを交互に作り続けることに微妙な温度差の違和感を感じつつ・・・でもこの調子でどんどん作りますよー!

ルース製造のための原石もそこはかとなく磨きにかけてます!(※用法間違い)

 

f:id:sigureai:20171019231058p:plain

 

上から、ブラジル産シトリン、バルティックアンバー、ペルー産クリソコーラの3兄弟。

現段階で手のかかる400番手までは磨き終えましたので明日には全員磨きあがると思われます。

しかしこれも水を大量に使うので電気ストーブをつけつつ作業をすると手元は冷たく足元だけ暖かく何だか違和感が以下同文

 

まぁともかくこいつらも使ってペンダント以外も作りませんとね・・・!

オーダーもじわりやりつつじっくり進めて参ります。

 

 

ではでは、本日はこの辺で

 

 

f:id:sigureai:20170930220859j:plain

 

おやすみなさいませー!

 

 

 

Tenyaco

 

 

 

ホワイト系ペンダントを作ろう

相変わらずタイトルはまんまか謎かの二択のてんやこであります皆様こんにちは。

本日は久しぶりに晴れたので洗濯物が我先にとベランダで日向ぼっこをしてるのですが、昨今の冷え込み激化により冬物が日干しの順番を待っているので早いところ交代して貰いたいものですでないと私が寒いぶるぶる。

午後からは布団も干すぞ、オー!!

 

さ、とはいえ冬が近いということは冬らしい品を作らなくてはいけませんね。

幸いマクラメペンダントはチェーン部分が紐ですので冬につけてもひんやり冷たく寒いってことはありません。

更に上着で見えないって言っても細身の金属ジュエリー類とは違って服の上にもガンガン着けやすいですので冬でも着用に問題はありませんですハイ。

 

 

そんななわけで本日の一本はホワイト系のコチラ。

ホワイトラブラドライトとホワイトトパーズのマクラメペンダントです。

 

f:id:sigureai:20171018121101j:plain

 

f:id:sigureai:20171018121105j:plain

f:id:sigureai:20171018121114j:plain

 

ホワイトな石をメインにスノーイメージで編み上げ。

調節部分にはカイヤナイトにスモーキークォーツ、クリスタルクォーツで少し色味を加えて仕上げました。

しかしこのホワイトラブラドライトのブルーシラーって本当に撮りにくいんですよねぇ・・・!透明度も高くて美しいのですが撮影はなかなか難しい奴らです。

 

こちらイベント参加の際に持って行く“冬”モチーフタイプですがショップでも今夜21時から通常通り販売致しますのでどうぞお楽しみに!

 

 

 

ところでこのホワイトラブラドライトは名前の通りラブラドライトの地肌が白い連中の事で、実際見ていると個体差があるもののそのシラーの色はブルー一色ではなく時にイエローなんかも混ざっていてそれは綺麗です。

この性質からか、レインボームーンストーンという名前で販売されている事も多いようですね。

厳密には正長石を指すというムーンストーンと斜長石類のラブラドライトは親戚ではあっても違う石の筈なのですが、まぁレインボーなシラーが出るムーンストーンの親戚、と言うことでこんな名前がついているのだそうですよ。

出回り始めた頃は特にラブラドライトの名前がムーンストーンよりマイナーだったのかもしれませんね。それなら広く販売する為にはより知名度の高い名前に寄せた方が親しみやすく購入層が広がりますし、このあたりはいろいろ業界事情があったのだろうなーなんて推測してます。

 

でも石名の説明欄にそう書いてあればそれで良い事ですし、石が美しいことに変わりはありませんです。

 

あとはこんな奴らも現在待機中~

f:id:sigureai:20171018121509j:plain

 

明日はまた雨らしいですし、皆様も衣替えはお早めに!

ではでは本日は一旦これにて失礼致します。

 

 

f:id:sigureai:20170930220859j:plain

 

 

Tenyaco

長雨で閉じこもる運動不足を解消せよ

久しぶりの更新の筈なのにもはや何のブログなのかよくわからないタイトルで始めましたてんやこです皆様こんばんは~

今年は関東地方で夏の間長雨が続いていましたが、遅れて関西の一員たる大阪府下でも今は絶賛じっとり雨の続くぐずついたお天気が連なっております。

まぁそうなるととにかく懸念されるのは運動不足。

特に私のように屋内作業が一日の大半を占める人間にとっては3日以上雨が続くと買い物等にも出不精になり、尚更背中と肩と腰の固まり具合がヤバイ感じになってくる頃合いです。

 

というわけで製作は続けつつもちょっと通っている水泳の時間を30分から1時間に延長し、更に一日おきだったのを平日毎日通うというスタイルに変更して体の凝りを解しつつ、ついでに人生二度目のダイエットになど挑戦してみております。

水泳の良いところは運動量倍に増やしても足腰には負担が来ないところですね。

だらだら休みながらではありますが、1時間もあれば1000メートルをキリ良く泳ぐ事が出来るのも何かを達成した気になれる点ですっきり気分が良いところです(自己満足)

 

それにしても最初は50メートルでぜぇぜぇ言ってたのが1ヶ月そこらで1000メートル泳げるようになるものですね。

いやまぁ昔はキッズスイミングで泳いでいたのですが、そこはアラサーと10代前半の体力を比較してはいけません。

 

とはいえ、日を詰めて泳いだので体力もついて効率よく泳げるようにもなってきたのでしょうね。

毎日製作していれば基礎能力が伸びていくのと同じだと思います。

 

さぁそれはそうとちょっと来月イベントに参加させて頂けるかもしれないということで、ちょっとフライヤーなど製作しておりました。

オーダーのほうもじっくり進めておりますのでもう少々お待ちを!

 

f:id:sigureai:20171017211502j:plain

 

はがきサイズの裏表ポストカードもどきみたいなフライヤーになりました。

左が表で右が裏ですね。

しかしリアルな問題として自前で印刷するのはインク代かかりすぎるので印刷は外注しました。

いやだって全面色乗せちゃったからねぇ・・・w

でもインパクトは出たかなと思いますし、イベントで「おっ?」って見て貰うのが目的なので良いのです。

 

最近はこの手の物の印刷もお安くなりましたね。

いろいろ業者さんも大変だろうと思うので(イベントは来月で別に急がないし)7営業日製作で発注しておきましたよろしく~

 

 

そんなこんなで今日はこの辺で!

まだ雨天は続くようですがし、皆様もお風邪など召されませんように・・・!

 

 

 

f:id:sigureai:20170930220859j:plain

 

Tenyaco

 

 

お腹がはちきれるまで食べる

私は最近毎日ワイヤー作品を見ている。

ちょっと大げさだが、もう目からお腹までが一杯になるんじゃないかというほど思うほど見続けもうこれ以上見たらお腹がはちきれて死ぬんじゃないかと思うくらい見続けている。

具体的に言うとPCの前に座っていられなくなりもきゃ-!!!とか叫びだすまでだ。

 

だが別に幾ら他の作家方の作品を見まくったからと言って作品を丸々コピーなどしないし、そもそもワイヤーとロウ引き紐と言う素材の違いもあって複製模写など出来るわけもないのでいきなり超絶素晴らしい作品群が大量に顕現したりはしない。

これは単に物理的に私の手がそこまで素早くも器用でもないからでもある。

 

でも毎日毎日もうダメだこれ以上見てたらひっくり返って死ぬ、というところまで素晴らしい作品群を見ていると自分の中に確実に構造や造形、デザインに対する興味や構想といったものが少しずつ蓄積されていくのを確かに感じる。

 

毎度毎度、自分の中から湧き上がるものだけを頼りに物を作るのはなかなか、上手くアウトプット出来る時と出来ない時の差が激しくそれで身を立てていくのを続けていくにはあまり現実的な手法ではないし、内面から湧き上がるものを形にしまくるという造形技術とはまた違う意味のずば抜けた才能はあいにく持ち合わせが少ないので自分でも楽しめてお客様にも楽しんでいただけるものを作るため、私は定期的にとにかく大量の情報を集め脳に詰め込む。

 

ただ、作ったもので稼ぎたいからというだけで毎日ぐったりするほど作品群を眺めているわけではない。

好きなものをお腹いっぱい食べるのは幸せな事である。

つまり好きな物事を突き詰めるために情報を集めるのもそれはそれで楽しい事なのだ。

私は私が楽しく、なおかつお客様も楽しめるものを楽しみながら作りたい。

もちろん映画見て閃いたデザインを無心に作る時だってあるし、近所の公園で撮ってきた樹液が光を反射する写真を手元にその色や輝きを形に落とし込んでいくこともある。

でもどちらにせよ、やりたいからやっている。

 

これは凄い!と自分で思えるものを作って作って作り続けたい欲望に駆られて今日もまたぐったりするまでワイヤーの作品群を眺めながら手を動かしている。

色や形、美しく配置されている石のバランス、そんな情報が私の脳みそを満たしていく。

 

 

やがて、頭の中から集めた情報が形になってあふれ出してきた時が作り時だ。

技術の足らないところもあろうが、自分の今持つ技術だけを手に未知の領域にひょいと歩き出すその時も、とても楽しい。

 

 

 

f:id:sigureai:20170930220859j:plain

 

 

 

Tenyaco