読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんやこ~天然石でマクラメ編み編みブログ

天然石とマクラメ編みのアクセサリーを紹介~

春だ芽吹きだマクラメだ

 

さて、もうタイトルのわけがわかりませんがちょっと鼻炎などで脳が煮えているのでどうかお気になさらずに。

そろそろ春ですねぇ、雨も冷たくないですし山椒が芽吹いてきましたよイヒヒ。

雄株も雌株も土を入れ替えたのもあって元気そうで何より、美味しそうな葉っぱをありがとうもぐもぐ。

 

f:id:sigureai:20170407214726p:plain

 

で、何のつながりもなく今日も研磨とマクラメのお話など。

近頃はラブラドライトの原石から削り出したルース作りに嵌っています。

シラーの出る方向を見ながら表に出す面を決めて研磨していくのが面白みのある石。

 

f:id:sigureai:20170407215103j:plain

 

私の磨くラブラドライト原石は大体がマダガスカル産の物です。

原石というより板状にぶった切られて表面だけ研磨されているものを買い付けて切り出しているのですが、造形はフリーハンドで間違いなしです。

これは殊更ブルー一色の強シラーが映し出されたルースでサイズはおよそ30mm×20mm。

これをマクラメで編んでいきますと・・・

 

f:id:sigureai:20170407215625j:plain

 

こんな姿に。ホワイトラブラドライトとカイヤナイトを合わせてちょっとおおぶりなペンダントになってます。

メインモチーフのサイズはおよそ80mm。

なおラブラドライトのシラーは角度によって見えたり見えなかったり色が少し変わって見えたりするのですが、こいつは斜め上から覗き込んだ場合、つまり身に付けた人が一番綺麗に見える角度設計で作ってあります。

 

f:id:sigureai:20170407215859j:plain

 

なので装着して覗き込むとメインのラブラドライトも下に付けたミニホワイトラブラドライトも、ブル~~~~~シラ~~~~!!!!!!

非常に見事な青をお楽しみいただけます。

背面にはちょこんとブラジル産の濃藍色カイヤナイトを。

正面から見るとここまでぎんぎらぎんではありませんが、歩いたり動いたりした時にふっと青が煌き目を奪う仕様。

 

なかなか言葉に出来ない魅力のひと品。

ラブラドライト好きな方にも青色石好きな方にもオススメですよ~

 

では今夜はこれにて。

 

 

zzzzz・・・・・

 

 

 

マクラメ用のルースに穴を開けるのが楽しい

 

どんなタイトルだと思いながらこんばんはのてんやこです。最近研磨したルースに穴を開けるのが段々楽しくなってきましてあわよくば穴を開けようと企んでしまうのですが水晶類に穴を開けるとどう考えても穴あけ用の先端ビットの傷みが早くなるのでウズウズしながらラブラドライトラピスラズリなどに穴を開けておりますちゅぃーん。

f:id:sigureai:20170405211926j:plain

 

こういう原石からダイヤモンドカッターで切り出し、スティック状に研磨しましてこんな感じの形に仕上げていったルースにですね・・・

 

f:id:sigureai:20170405212116j:plain

 

綺麗ですよね、アフガニスタン産です。

パイライトの入り上々、金塊のような形に仕上がってました。

でもってこれに、

 

f:id:sigureai:20170405212235j:plain

 

穴を開けて穴開きルースにするのを楽しんでいるわけです。

穴あけ用の工具はまず先端の丸いビットで浅く場所を決め、先端1mmのビットでリューターの重みを押し込むようにして穴を開けています。

水中でやると水も粉塵も飛ばなくて快適です。

でも耳栓とマスクとゴーグルは念のためしていたほうが良いと思います。

なお石に穴開けるときの音は正に歯医者で虫歯削ってる音と同じですぶるぶる。

 

で、そんなこんなで穴を開け続けるとこんなルースがどんどん出来ていくわけです。

 

f:id:sigureai:20170405211416j:plain

 

穴を開けること自体が楽しいのでとうとうこんなスティック型ルースなら反対側にも穴を開けられるじゃない!♪などと思いついて反対側の端に更にもう一個穴を開けました。

 

そうしてこんな作品に仕上がった次第です。

f:id:sigureai:20170405211441j:plain

 

カイヤナイトとホワイトラブラドライトの妖精窓ペンダント。

出来上がるともう見えませんが、中央のスティック状ラブラドライトには両端に穴が空いてますのでしっかり紐で固定されていてずれたり落ちたりはしません作り。

 

ところでこのトップの先端や調節部分後部についているホワイトラブラドライトは地肌が白いだけでシラーが写真にほとんど写らない天邪鬼が絶叫モノの石です。

なので別撮りで一枚。

こいつはなかなか綺麗な青シラーが出ています。

 

f:id:sigureai:20170405213254p:plain

 

良い顔です。

それでは今夜はこの辺で~

 

 

tenyaco.thebase.in

自由にマクラメ編むとだんだん裁縫の様相を呈してきた。

皆様こんばんは~

4月に入りましたのに何だかまだ冬の気候ですねぇぶるぶる・・・

窓辺が暖かくなるのはいつ頃やら・・・今年はさくらの開花も遅いそう。

私は暑いよりは寒いほうが好きな末端あったか人間ですが、それでもこの時期はちょっとばかり夏が恋しいような気がしなくもない寒いよがたがた・・・!

 

お昼は焼きそばじゅーじゅー焼きましたうちは調理はガスなので火の傍はアタタかーい!!

おやつはホットケーキですよバターが美味しかった!とにかく温かいものを食したい 冷える!

紅茶にだって自家製梅酒どぼどぼ入れます!(そして酔っ払う

 

とまぁそんなわけでこのところは新作用のラブラドライト等削りつつ(水も冷ターイ)夏の海の渚がよく似合うドミニカ産のラリマーでペンダントなど編んでおりました。

 

ラリマーは丸ルースはあまり見かけませんので手持ちの大ビースをぶった切って包み、まずはこんな形にしてみまして

f:id:sigureai:20170328184735p:plain

 

で、私の場合ここからちょっとずつデコっていきます。

まずはちょちょいと葉っぱとムーンストーンをくっつけ、ブルーアパタイト入りの輪っかなんかもくっつけます。

 

f:id:sigureai:20170328184818p:plain

 

そしてその後もちょいちょいとパーツを追加。

この追加時に使うのが私の場合“縫い針”。

その為製作してるとなんだかマクラメというより裁縫をしている気分になってくる今日この頃です。

縫って縫って止めて止めて、その繰り返しで段々形が出来て来る。

実は私マクラメの教室にはお邪魔した事がないのですが、多分いろいろ違うんだろうなぁと思いつつ・・・

 

でも崩れてきたりしないので問題なし、紐で編んでありますがわりとかっちり仕上げてありますのでその辺りはご安心下さい。

 

で、そんなこんなで、最終的には左右非対称かつブレスレットにもなるペンダントに仕上がりました。

なお輪っかは普通に真下には来ないデザインです。 

 

f:id:sigureai:20170401201839j:plain

こいつはそのままペンダントにもなって、

f:id:sigureai:20170401201909j:plain

更にこの右に映っている調節部分先端を、腕にぐるぐる巻いたチェーン部分に通すとブレスレットにもなります。

 

↓ぷにぷに腕で失礼・・・

f:id:sigureai:20170401201934j:plain

 

不思議な形の海色装備。

今年の夏用にいかがでしょ?

 

f:id:sigureai:20170401201949j:plain

 

おわります!!

ぶるぶる!

 

ラリマーのペンダント&ブレスレット | Tenyaco

 

tenyaco.thebase.in

 

 

 

巨大化するカッター刃

 

皆様こんばんは、非常にお久しぶりのてんやこでございます。

そろそろ冬も終わりのこの頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか私は花粉を防ぐべく研磨時に装着する防塵マスクを装備して日々過ごしておりますかぽり。

目はアレルギー用目薬とゴーグルで防御です目薬界も進化してますね。

 

さて今日はまた石の研磨のお話など。

正確には研磨に使う工具のお話ですね、先日というかだいぶ前にリューターに装着するカッター刃を新しく購入いたしましてまずこんな感じになったのですが

f:id:sigureai:20170324234002j:plain

とりあえず、カッター刃がでかい

(※左は今まで使用していたカッター刃で下の方々は穴あけ用の先端工具)

それもそのはず、カッター刃の直径が26mm→50mmになったんだから見た目にも相当でっかいに決まってます。

しかしそれにしてもインパクトも凄い、フリスビーがUFOになったみたいですよ(言いすぎ)

 

そしてもちろんでかいおかげで作業は非常に早いです。

f:id:sigureai:20170324235038j:plain

 

こんな感じで30mm越えのルース切り出すのにラブラドライトならおよそ5分でおおまかな成形まで終わります。ものっそい便利。馬力が26mmサイズのカッターとは比較になりません。

カッターの表面積が広いので成形も早い早い、リューター変えなくてもここまで馬力違うのかと驚きますよコレ。

 

ただしもちろん便利なことばかりじゃありません。そうは問屋が卸してくれなかった。

 

何がというと馬力がある代わりに騒音も凄い

もう26mmサイズと比較すると当社比倍どころじゃ済みそうもないくらいの爆音です。

工事現場並みの音量にして音質は歯医者のアレ。

はっきり言って耳栓がないと耳鳴り起こして研磨どころじゃない

即日100均で騒音用耳栓を買ってきましたしついでに防音カーテンの購入も検討しました。

ただカーテンについては家族に協力して貰って外から聞いてみたところ昼間なら問題になる程酷くはないので近所から苦情が出た時点で検討しようという話になりました。

つまり一般家庭というか防音設備の無いお宅で使うには限界的代物であるという感じです、ハイ。

研磨には便利なので使いますが。

 

 

 

と、いうわけで

 

 

ちゅいーんががががっががががっっっががっががががががががぢぎゅいぃぃぃぃいいいいい!!!!!!!!!!!

(※本当にこんな音がする)

 

 

 

それでは皆様、おやすみなさいませ。

 

(※日没後の夜間~朝マック時間までは決して使用しておりませんのでご近所の皆様におかれましてはどうぞご安心しておやすみください)

 

石を磨くやごーりごり。

こんにちはー、毎日えらく大雨と日照りが繰り返されるもじーわじわと蝉も鳴きはじめていますが、皆様お元気でしょうかお昼ご飯もぐもぐ。
私のほうはようやくある程度コツも掴め、火花にも粉塵にも慣れてきた石研磨とぐるぐる巻き(マクラメ編み)に夢中です編みごり。
【※粉塵吸い込むのに慣れてはならぬ!マスクとゴーグルはつけてます!!】

f:id:sigureai:20160708111548j:plain

で、だいたいこんな感じに石を磨きましたらコソッと企んでおいた構図にあわせて編んでいくことにっ
なお石種は何の変哲もないローズクォーツですが、内部クラックと形状のバランスが良く、綺麗な顔に仕上がっておりますψ('ー'*)

f:id:sigureai:20160708111835j:plain

ちなみにこの構図そのままに仕上がるかと言われましたら実はぴったりとはいかないのですが、だいたい一回り大きいくらいで決着すること多しです。
紐の太さが意外にデザインを圧迫してくるぅ~(単に空間把握力足りないとも言う)

まぁ他のもいろいろ企んではおりますが、一番近場の完成はこの方。

f:id:sigureai:20160708112347j:plain

ラリマーとアクアマリンのペンダント。
こちらラリマーは手磨き仕上げのルースを使用。
ちょっと手直ししたら諸々を繋いで完成です。

ああ、それにしても今日もあづーいむしむし...昨日作ったカレーは甘かった!!(関係ない)
皆様どうぞ体調にはお気をつけてψ('ー'*)

ではでは、本日はこれにてっ



てんやこ